プロコーチジャパン様【お客様の声】

株式会社プロコーチジャパン様

バーチャルオフィス

bizcubeには、ビジネスに対する変わらない姿勢の良さを感じるんですね。利用している私たちに対しても馴れ合いのようなことはせず、きっちり距離は保ちながらも本当にいい関係を作ってきている。

今回は、ご利用9年目になるコーチング会社の代表である山家正尚様にお話を伺いました!代表の山家様は個人・企業経営者やプロスポーツ選手などのメンタルコーチとして活躍されています。

まずは、事業内容を教えていただけますか?

会社の経営者やプロスポーツ選手に対して、メンタルコーチという関わりをして、事業の業績アップですとかスポーツ選手だと成績アップをするための事業を展開しています。

どのようなきっかけで事業を始められたのでしょうか?

アイスホッケーの子供チームを教えていたときに、子供たちが成長していく過程を見ることに非常にときめいたんです。大人チームでも教えていたのですが、人が成長するということにすごく喜びを感じる自分を発見したんですね。そこで、そういった仕事はないものかと探しているところで『コーチング』というものに出会い、それから勉強し始めてこの事業を始めてみようと思いました。

bizcubeのバーチャルオフィスを選ばれたきっかけは何ですか?

仕事の形態から、電話でのサポートが多いので、自宅での業務がほとんどなんですね。ただ、個人面談を希望される方とか、法人契約の経営者の方で会社とは別の場所で面談を希望される方などもいらっしゃるので、そういう方のために、完全に自分のオフィスを構えるというよりはバーチャルオフィスを利用してます。

bizcubeは、立地はもちろんなんですが、バーチャルオフィスを経営していくにあたってすごく手堅さを感じたんですね。真面目に事業に取り組んでいるという感じで、バーチャルオフィスという事業に対する姿勢に筋が通っているなというのを感じたところから選びました。

8年以上ご利用いただきありがとうございます。ご感想をお聞かせください。

プロコーチジャパン様インタビュー風景

bizcubeには、ビジネスに対する変わらない姿勢の良さを感じるんですね。利用している私たちに対しても馴れ合いのようなことはせず、きっちり距離は保ちながらも本当にいい関係を作ってきている。実はそこがすごく重要なところなんだなぁと思っています。

あとは、秘書スタッフが何度か入れ替わっていますけど、皆さん同じ接し方をして下さるんですね。これは多分、会社の理念の浸透とか姿勢がちゃんとされているんだろうなと思うので、そういうところも非常に魅力的だと思っています。

今後の事業展開についてお聞かせください。

スクールに関しては定期開催をしていきたいと思ってます。スクールの展開に関しては、できれば私が展開するのではなく、小規模で家庭で行なうセミナーでもいいので卒業生が全国でたくさん開けるようになると、コーチングや対話、コミュニケーションの技術を学べる人が増えるので、そういうビジネスモデルというか、ある意味『文化』を作っていけたらいいなぁと思ってます。

セミナーも定期的に開催していきたいと考えています。現在は傾聴セミナーを開催していますが、丸一日を通してコーチングの初級を学べるコースも作っているところです。既に企業向けの展開はしているのですが、それが非常にわかりやすくコンパクトになっているので、これを一般の方にも向けて開催していけると、今より普及していくのかなぁと考えているので、今後はそこに重点を置いていきたいと思っています。

TOPへ戻る